施術科目
自律神経失調症
 自律神経は交感神経(昼間に内臓や各器官を活発にする)と
副交換神経(夜、リラックスさせてよく寝れるようにする)からなってます。
病気や痛みは、そのほとんどがこの神経のバランスが悪くなると起こります。
≪ 原因 ≫
 なぜ、自律神経はアンバランスになるのでしょう。
一番はストレスです。精神的に心配事、嫌なことがあるとバランスがくずれてきます。
でも、ストレスって精神的なものだけとは限りません。
下に該当する人は知らずにストレスを受けている場合があります。
  1. スポーツのやり過ぎ
  2. 仕事や勉強のやり過ぎ
  3. パソコン、ゲームのやり過ぎ
  4. 目の使いすぎ
  5. 音や光、気温の高低
  6. お天気などの変化
  7. 昼夜逆転の生活
  8. 薬物、化学物質
  9. 食事によるストレス、栄養不足
  10. ちょっとした事故
  11. 出産
  12. 昇格
  13. 運動不足
  14. エアコンの使いすぎ (冷やしすぎは冷房病、リュウマチ、冷え症、むくみ、腎臓が弱るなどの症状がでる事もあります。冷やしすぎにはご用心。)
≪ 症状 ≫
寝つきが悪い、眠れない、寝た気がしない。気候、気温の変化で体調悪化。気分がすぐれない。手足が冷える。ちょっと仕事をすると疲れる。身体がだるい。体が重い。動きたくない。朝起き辛い。一日中ねむたい。
目が疲れる。風邪を引きやすい。ちょっとした事が気になる。クヨクヨ、イライラ、おこりっぽい、気分が重い、落ち込みやすい、やる気がない、学校や職場に行きたくない、家事ができない、リラックスできない、頭痛、肩こりがひどい、頭にもやがかかってる、思ってること違うことが口に出る、簡単な計算ができない、赤信号で止まれない、電話の内容が聞き取れない、人と合いたくない、友達と遊べない、おとなしすぎる、言いたいことが言えない、勉強が手につかない、落ち込みやすい、キレやすい、叫びたくなる、部屋をグルグル回る、胸がパクパクする、慢性疲労がある。
口が重くてしゃべれない、あごがカクカクする、悪い事ばかり考える。
 
≪ 自己対処法 ≫
ストレッチ、軽い運動をする
自然の音(川のせせらぎ、海鳴、風の音、虫の声、鳥の声)をCDで聞く
アロマオイルを風呂に入れたり、部屋にジェット噴射する
早寝早起きをする
パソコン、ゲームをひかえる
(長時間やる時は、1時間で5~10分休む、自然の音を聞きながらやる、植物をそばに置いて時々眺める)
散歩する
気分転換をする
グズグズする自分を怠者だと責めない
ビタミン、ミネラルの入った健康食品、抗酸化力の強い健康食品、セロトニンの入った健康食品をとる
 
≪ アモール整体施術法 ≫
 アモール整体での臨床結果から自律神経失調症の多くの人はリンパ液の流れが悪くなっています。リンパ液の流れが悪くなると体が重くなったり、体の調子が悪くなりうつに似た症状となります。

そのため、アモールではリンパ液を流す施術をします。そうすると、ドーっとリンパ液が体を流れ毒素が外に出て免疫力が高まります。

施術をすると何キロもマラソンをしたくらい、リンパ液が流れます。そのため、ずっとリンパ液の流れが悪かった人は、2、3日だるくなることがあります。

しかし、リンパ液の流れがよくなればなるほど、体が楽になり、体が楽になると、精神的な悩みは気にならなくなります。不思議ですが、ストレスに対して抵抗力ができます。
 
神経症・うつ
≪ 原因 ≫
  1. スポーツのやり過ぎ
  2. 仕事や勉強のやり過ぎ
  3. パソコン、ゲームのやり過ぎ
  4. 目の使いすぎ
  5. 音や光、気温の高低
  6. お天気などの変化
  7. 昼夜逆転の生活
  8. 薬物、化学物質
  9. 食事によるストレ
  10. ちょっとした事
  11. 出産
  12. 昇格
  13. 運動不足
  14. エアコンの使いすぎ(冷やしすぎは冷房病、リュウマチ、冷え症、むくみ、腎臓が弱るなどの症状がでる事もあります。冷やしすぎにはご用心。)
≪ 症状 ≫
寝つきが悪い、眠れない、寝た気がしない。気候、気温の変化で体調悪化。気分がすぐれない。手足が冷える。ちょっと仕事をすると疲れる。身体がだるい。体が重い。動きたくない。朝起き辛い。一日中ねむたい。
目が疲れる。風邪を引きやすい。ちょっとした事が気になる。クヨクヨ、イライラ、おこりっぽい、気分が重い、落ち込みやすい、やる気がない、学校や職場に行きたくない、家事ができない、リラックスできない、頭痛、肩こりがひどい、頭にもやがかかってる、思ってること違うことが口に出る、簡単な計算ができない、赤信号で止まれない、電話の内容が聞き取れない、人と合いたくない、友達と遊べない、おとなしすぎる、言いたいことが言えない、勉強が手につかない、落ち込みやすい、キレやすい、叫びたくなる、部屋をグルグル回る、胸がパクパクする、慢性疲労がある。
口が重くてしゃべれない、あごがカクカクする、悪い事ばかり考える。
≪ 自己対処法 ≫
ストレッチ、軽い運動をする
自然の音(川のせせらぎ、海鳴、風の音、虫の声、鳥の声)をCDで聞く
アロマオイルを風呂に入れたり、部屋にジェット噴射する
早寝早起きをする
パソコン、ゲームをひかえる
(長時間やる時は、1時間で5~10分休む、自然の音を聞きながらやる、植物をそばに置いて時々眺める)
散歩する
気分転換をする
グズグズする自分を怠者だと責めない
うつの人は、セロトニンが不足しているケースが多いです。セロトニンを補うと驚く結果が出る場合もあります。セロトニンは寝起きのだるさを改善するホルモンで味噌などに多く含まれています
 
≪ アモール整体施術法 ≫
 アモール整体での臨床結果から自律神経失調症の多くの人はリンパ液の流れが悪くなっています。リンパ液の流れが悪くなると体が重くなったり、体の調子が悪くなりうつに似た症状となります。

そのため、アモールではリンパ液を流す施術をします。そうすると、ドーっとリンパ液が体を流れ毒素が外に出て免疫力が高まります。

施術をすると何キロもマラソンをしたくらい、リンパ液が流れます。そのため、ずっとリンパ液の流れが悪かった人は、2、3日だるくなることがあります。

しかし、リンパ液の流れがよくなればなるほど、体が楽になり、体が楽になると、精神的な悩みは気にならなくなります。不思議ですが、ストレスに対して抵抗力ができます。
 
風邪
 風邪を引きやすい方が多いですが自律神経の調整がうまくいかない人がよくひきます。
中には「360日 薬を飲んでいる」と来る方もいます。
≪ 原因 ≫
風邪はたいてい食べすぎるとひきます。
ですから、大切なことがある数日前からは食べすぎ注意です。
腎臓や肺が弱ってても風邪を引きます。人からうつることもあります。
≪ 自己対処法 ≫
腎臓の風邪はのどにきます。
いがらっぽいと思ったら、早めに足湯をしておくと悪化はしなくてすみます。
時間がたつと効きが悪くなります。洗面器にお湯をいれ、くるぶしまで足をひたします。
足が真っ赤になるまで、暖めましょう。
風呂の前後3時間は効き目が悪くなるのでご注意下さい。  
≪ アモール整体施術法 ≫
 風邪と関係のある胸椎5・7番を中心に施術します。
 
偏頭痛
≪ 原因 ≫
 肩こり、首のこり、などのこりがひどい人が過労、寝不足、パソコンの使いすぎ、緊張のしすぎ、などにより引き起こされます。
頭痛が頻繁に起きたり、症状のひどい人は、頭の中の病気も考えられます。
脳外科の診察をお薦めします。
≪ 自己対処法 ≫
肩、首を上げたり、下げたりまわしたり体操をする。
偏頭痛の人はビーバーヒューというハーブティーを常用するとよい。
緊張性の頭痛の人は風呂に入り、頭を洗い、よくマッサージをすると楽になります。
≪ アモール整体施術法 ≫
 肩・首を中心に施術します。
 
アトピー
≪ 原因 ≫
 母親がアトピーの方は、子供にアトピーをゆずって、自分はスッキリします。
赤ちゃんは生まれてまもなく、宿便が出る前に飲み物を与えられて解毒できなくなり、それが原因でアトピーが発症する可能性があります。
シャンプーや洗剤の毒素が皮膚を刺激してアトピーにかかりやすくなります。
また、ストレスによってアトピーが悪化します。

アトピーは内臓で毒素を分解が出来なくなり皮膚から解毒している状態。
だから、皮膚に薬を塗ると解毒が出来なくなり、外に出られなくなった毒が内臓にたまり内臓が弱まる。
≪ 自己対処法 ≫
日用品(シャンプー、洗剤、食器用洗剤、歯磨き粉)をラウリル硫酸ナトリウム、プロピレングリコール(P.G)、エデト酸の入ってないものに変える。お尻にナップを使っていた2歳の子がお尻にブツブツができたとのことで、使用をやめてもらいました。
それを使っていたお父さんの手のブツブツも一緒に消えました。
  1. 有機野菜になるべくかえる
  2. 食品添加物をなるべく除く
  3. 肉、脂、甘いものをひかえ、果物、野菜、海草など、ビタミン、ミネラルの多いものにする。ミネラルの多く含まれる健康食品がとてもいいです。
  4. アトピーがひどい場合は病院で何に反応しているのか調べその食品をとり除くことも必要です。整体を受けている間に何でも食べられるようになります。
≪ アモール整体施術法 ≫
 全身整体、骨の矯正をします。これは免疫機能が上がる助けをします。内蔵が毒素を排出するように施術します。大便が大量に出ると改善が早いです。早い人で2回くらいで結果がでるが、1年以上かかる場合もあります。アトピーは長くかかると思って下さい。

傷口の消毒と修復を早めるためオゾン処理する事もあります。アトピーは、食事やストレスでぶりかえすことがあります。普段から生活習慣、食習慣に気をつけることが肝心です。
ぜんそく
 喘息の方は、肋骨が開かず、固まって、硬くなっています。大胸筋もカチカチです。
それらが硬くて苦しいので、せきをして開けようとします。せっかく自分で治そうとしているものを薬で止めているのが現状です。
しかし、発作の起きた時は薬で止めて下さい。
≪ 自己対処法 ≫
 水泳をすると肺を使うので大胸筋が緩み、肋骨が開きます。逆に胸を使いすぎて大胸筋が硬くなり喘息になったケースも2例ありました。やり過ぎも禁物です。せきが出そうになったら、左の首にムシタオルを当てると発作が止まる事が多いです。ただし、初期でないと効果がないと、やったお母様方からの報告があります。

何事も実験です。やってみて下さい。
蒸しタオル:タオルを水でぬらし、しぼります。それをビニール袋に入れて3分チン。湯気でやけどをしないように気をつけ、もう一度タオルで巻いて左首に当てます。
≪ アモール整体施術法 ≫
大胸筋が開くお手伝いをします。
花粉症・鼻炎
≪ 原因 ≫
 化学物質が体の中に溜まり過ぎて、あふれ出したもの。花粉は原因ではなく引き金です。体が悪いので花粉に反応しているだけです。
≪ 自己対処法 ≫
 薬局で、鼻に水を通す機械を買って、鼻にぬるま湯を通します。電動の方が楽です。
注射はステロイド剤を使うようです。何年か経つとだんだんと薬がきかなくなってくると思います。
≪ アモール整体施術法 ≫
鼻が通り、目がすっきりするように施術します。
ギックリ腰
≪ 原因 ≫
ストレス、特に怒りが強い時、腰の使いすぎ、運動不足、悪い姿勢、事故
≪ 症状 ≫
 突然痛みが激しくなってギクッと音がすることもあります。ひどい方は1ヶ月寝込んでいると言って来院することもあります。左右の筋肉のバランスが悪くなった時に怒ります。気温の差の激しい季節の変わり目に多いです。

重いものを持った時、激しい運動をした時等、筋肉を使った時に起こる方がいますが、ちょっとした動きで、寝返りを打つ、振り返る等でなる事もあります。
≪ 自己対処法 ≫
  1. 横になり、ひざを立て、左右に倒す体操は、毎日100回以上、3000回を目標にすると痛みがとれてきます。(ゆっくりやり、痛いところで止めて折り返す)
  2. 立って前屈し、つま先に手をつける
  3. 足を伸ばして座り、前屈する(上の体操の座りバージョンです)

腰痛の欄も参照して下さい
≪ アモール整体施術法 ≫
全身整体、骨の矯正、腰、臀部、背中、足などを整体します。
腰痛
≪ 原因 ≫
ストレス、運動不足、事故、内蔵が悪い、姿勢が悪い、生まれつき骨盤が前屈している
≪ 自己対処法 ≫
病院でお勧めの腰痛体操をする
ストレッチする
椅子に後ろ向きにすわって30分(1日一回やるとその日の腰の疲れがとれます)
アモールのお勧め腰痛体操をする(1つの動作を100回くらい、1日15分程度で30日目標)
  1. 寝てひざを立て、左右にゆっくり倒す。
    コツ:できるだけゆっくりやる。
  2. 足を伸ばしてすわり、両足の裏をくっつける。
    その状態で前屈し、体を左右にねじる、1日100回ぐらい。
    コツ:ムリはしない
  3. スクワットする
    1セット20回ぐらいを1日何回かに分けてやる。
    コツ:ムリをしない、出来る範囲でやってください
  4. 腰盤を前後左右に動かしたり、ぐるぐるまわす(5分~15分)
    お腹もスリムになります。痛みがとれたら、腰の矯正を受けておくと再発しにくい
≪ アモール整体施術法 ≫
 腰椎の脇、臀部、側腹、お腹の筋肉足の筋肉の凝りなど1箇所~数箇所の筋肉の凝りが腰痛を引き起こしています。各部位をそれぞれ、外側の筋肉から内側の筋肉へとほぐしていきます。また、各関節のまわりが悪化していることが多いので関節周りをほぐしていきます。
膝の痛み
≪ 原因 ≫
 ストレス、運動不足、使いすぎ、事故、体重、冷え性、関節のズレ、腰が悪い
歩かなくなったので、子供も大人もかなり運動不足。座る、しゃがむ動作も減っているため、足の筋肉がおとろえています。それが膝痛になります。
≪ 自己対処法 ≫
・座る、しゃがむ。動作が辛くなれば、その動作をします。(痛い方はおやめ下さい)
・辛い方は、横になって、足を5cmぐらい上げてがまんができなくなったらストンと落とします。片方ずつでも両足一緒でもOK
・体重の重い方は減量する努力が必要です。

足首、アキレス腱、ふくらはぎをよくほぐします。
膝のお皿を動かして、動かないところ、痛みがあるところをよくほぐします。
肩こり
≪ 原因 ≫
 ストレス、運動不足、肩や腕をよく使う仕事、寝不足、運動後のストレッチ不足、内蔵の病気(胃かいよう、胃下垂)、血液のドロドロ、リンパ液のとどこうり、筋肉がつきにくい人、ホルモンバランスが悪い、姿勢が悪い、事故
≪ 自己対処法 ≫
・肩を上げ下げ、まわしたり、ストレッチする
・脇のリンパを流す
・ホルモンのバランスが悪く肩のこる女性は、市販のシャンプーが一因のことがあります。
・シャンプーを選ぶ際に含まれるラウリル硫酸ナトリウム、プロピレングリコールの入ってないものを選  んで下さい。
・肩こりの一因の血液がドロドロという症状にはミネラルを補うと変化します。
≪ アモール整体施術法 ≫
肩こりには大きく分類すると2種類あります。

  1. 肩周辺の筋肉が何層にもわたって、凝っている状態の肩こり
    これをほぐすには、外側の筋肉から順番にほぐし、最後に1番奥の筋肉をほぐします。

    内側までほぐれると今までの肩凝りは何だったのかと思える程、楽になります。他の施術院と違うところが奥の筋肉までほぐれるという点です。

    脇の下にはリンパ管がつまっていると、凝り、疲れ、冷え、免疫機能低下等のもとになります。老廃物となったリンパ液をリンパ管の中に流し込みデトックスします。

    リンパ液をたくさん溜め込んでいた方は施術後体が動けないほど、体が重くなったり、だるくなる事がありますが、リンパ液がよく流れている証拠ですので、心配はありません。

    普通は24時間ぐらいで治りますので、よく休んで下さい。肩ねこぜ(肩が前内側に入ってる状態)の方は方が内側に引っ張られている分肩凝りがひどく、姿勢も悪いので大胸筋をほぐしています。

     
  2. 肩の筋肉が筋のようになっている肩凝り
    この肩凝りはプロの方でも気がつかず見過ごすことが多いです。
    この肩凝りは少々やっかいです。念入りにつぶすような感じでほぐしていきますがとれにくい肩凝りです。
     
五十肩
服を着る時、後ろにそでが通らない五十肩は自然に治ります。腕が前後、左右上がらなかったり、上げると痛い場合は施術を要します。
≪ 原因 ≫
ストレス、筋肉疲労、事故、運動不足、片寝の習慣
≪ 自己対処法 ≫
水の入った500ccのペットボトルを上下、左右に振ったりまわしたりする。五十肩は寝ている間に進行します。しばらくやってもダメな場合は気軽にご相談下さい
便秘
≪ 原因 ≫
  ストレス、水分のとり方、食物繊維のとり方がすくない、腸内細菌の悪化(抗生物質の取り過ぎ)により良性の菌が減少している。(抗生物質は家畜、魚の養殖をする時にも餌の中に抗生物質が入れられるので肉、魚、牛乳などから間接的に摂取している)酵素不足、運動不足
≪ 自己対処法 ≫
  1. 水分をとる
  2. 食物繊維や酵素の多い野菜、果物をたくさん食べる
  3. 乳酸菌生成飲料をとる(ヨーグルトは腸につまりやすいので植物性の方がよい)
  4. 酵素をとる
  5. 散歩、ストレッチをする
  6. お腹を指でほぐす
≪ アモール整体施術法 ≫
腰を中心に骨の矯正、筋肉の凝りをとる
大腸の動きがよくなるよう働きかけます
下痢
≪ 原因 ≫
ストレス酵素、乳酸菌不足、体力の弱化
≪ 自己対処法 ≫
散歩、ストレッチをする
乳酸菌生成飲料をとる
≪ アモール整体施術法 ≫
 小腸の働きが弱っているので調整します。
 
 熱は体の中の菌やウィルスを殺すために起こります。解熱剤を使うとせっかく体が菌やウィルスを殺そうとしているのを邪魔してしまいます。

 私は熱になった時には、水分をとってこたつやストーブの温度を一番上まであげたり、服を着込んだり、布団をいっぱいかぶせて汗を出します。

そうすると、体を暖めた事によりウィルスはより早く殺せます。また、熱くすると、汗がたっぷり出て、自然と熱が下がってきます。熱が下がるのに2時間かかりません。平熱より下がったら、無理をするとぶり返します。

ぶり返すと、今度は治りが悪くなりますので、熱が下がったら15時間くらいはゆっくりします。 こうした方が解熱剤を飲むより早く回復します。この理論を出来る方は試してみて下さい。 信用しないでやるとうまくいかないので、納得がいかれた人はやってみて下さい。

せきがひどい時は胸をさすります。また、ムシタオルを胸にするとよいでしょう。
≪ ムシタオルの方法 ≫
タオルを水でぬらし、しぼります。それをビニール袋に入れて3分チン。湯気でやけどをしないように気をつけ、もう一度タオルで巻いて、せきのひどい方は胸に当てます。
≪ アモール整体施術法 ≫
背骨の脇の背中起立筋の調整をします。
手足のしびれ
≪ 原因 ≫
 手首は背骨がずれることにより、神経が圧迫されしびれたり、痛みがでます。
方寝の習慣、ストレス、重いものを持つ肩、腕の凝り、リュウマチがある人
足のしびれは腰椎、骨盤のズレによる圧迫でしびれ痛みが出ます。

ストレス、重いものを持つ、運動のしすぎでは骨盤が下がり骨がずれる原因となります。

また、運動不足でも骨盤が下がります。
脳の病気の時もありますので、場合によっては脳外科で診てもらう必要があります。
腹痛
≪ 原因 ≫
 最も多い原因が便秘による腹痛腹部の凝りが原因です。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸の痛み生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、胆石、腎臓結石なども考えられます。
≪ 自己対処法 ≫
便秘を参照して下さい。
婦人科系の痛みの方、ラウリル硫酸ナトリウム、プロピレングリコール(P.G)入りのシャンプーを止めましょう。
胆石の痛みの方は背中をトントンたたいてもらうと楽になります。痛くて我慢できない症状の方は病院へ。急性の病気の可能性があります。
≪ アモール整体施術法 ≫
全身を整体し骨の矯正をします。
お腹のツボを押します。
子宮筋腫の方はアロマオイルのトリートメントをすることがあります。
 
冷え性
≪ 原因 ≫
ストレス、手足の凝り、骨のズレ、リンパ液の滞り、ねんざ、神経痛、リュウマチ
自閉症・多動症
≪ 原因 ≫
はっきりしない。シャンプーや洗剤などの化学物質が羊水に溶け込み脳の中に入って脳細胞を傷つけるのではないかといわれている
≪ 自己対処法 ≫
ビタミン、ミネラルを多く含む有機野菜、果物を多く取る。
ミネラルの多いサプリメントをとる。
活性酸素を解毒する食品を多くとる。
オメガ3という脂をとる。(しそ油、麻仁油、えごま油等、またはオメガ3が入ったサプリメントなど)
イチョウ葉エキスをとる。
良質のサプリメントが便利。安い合成のサプリメントは逆に体を悪くする。
≪ アモール整体施術法 ≫
 自閉症の治療にはその子、その子で特に症状が違います。指先不器用、口があきにくい、耳が聞こえにくい、目がはっきりしない、暗い絵を描くなど症状にあわせて施術します。

自閉症で大変なのは、これらの症状があっても親が気づいてないことです。
あなたの、子供も実は、あなたの知らない症状があるかもしれません。

自閉症の特徴は、見ることに関しては、普通の人が見えるよりも暗く見えているようです。
そういったお子様は緑、紫、黒、青、など、濃く暗い色の絵を描きます。
人の顔がムンクの叫びの絵のように見えている子もいます。

施術によってそういったお子様もパステルカラーの絵を描きはじめるのでお母様達が喜んで絵をみせてくれます。
彼らは体中、非常に緊張して凝っていますのでそれをとってあげるだけで喜びます。
側弯
≪ 原因 ≫
ホルモン説、細菌説とあり、はっきりしません。
≪ アモール整体施術法 ≫
側湾の方は最初から骨を矯正できませんので筋肉をほぐすことを中心にやります。
軽い場合は数回で済みますが普通は長くかかると考えて下さい。
夜尿症
≪ 原因 ≫
一番はストレスです。仙骨の2番がズレていて夜尿症になってることも多いです。
≪ 自己対処法 ≫
ストレスの原因を探り取り除く
うつぶせにして、仙骨の2番を押す(妊婦にはできません)
≪ アモール整体施術法 ≫
仙骨ショックで改善しない方は、自律神経の施術をします。
自律神経の調節をして、ストレスを軽減します。
リュウマチ
 私の考えでありますが、恐らく化学物質が体に入って免疫機能が低下しているために出ます。エアコンの使いすぎ等、体を冷やすと悪化します。
肩や足がかたい方は血液循環が悪いため、かかりやすいです。

≪ アモール整体施術法 ≫
 骨に働きかけて施術します。
パソコン・ゲーム疲れ
≪ 原因 ≫
パソコン、ゲームのやり過ぎ
自律神経のバランスがもっとも悪い方、事故を起こしたことのある人、ストレスを受けやすい人はひどい症状になります。
≪ 症状 ≫
自律神経失調症と同じような症状がでます。施術法は自律神経と同じ方法なので参照下さい。
テニス肘・ゴルフ肘・腱鞘炎
≪ 原因 ≫
腕、指の使いすぎ。
手術してもまた、痛みの出ることがあります。
≪ 自己対処法 ≫
痛みのあるカ所を使わないようにする。
≪ アモール整体施術法 ≫
筋、腱などに働きかけて施術します。
不登校
≪ 原因 ≫
ストレス、嫌なことがあったり、嫌な人との関わりがある。
不登校児は自律神経がアンバランスな場合が多いです。自律神経を参照して下さい。

1、2回の来院でよくなる方もいれば、半年以上かかる場合もあります。数回の方が多いです。
虚弱体質
 ストレス、生まれつき、自律神経のバランスが悪いため、内臓も弱い。ストレスに弱い。
過労、事故、病気等で体力がなくなっている。
口内炎
≪ 原因 ≫
風邪などで胃が弱る
胃がアレルギー物質に反応する
アレルギーでないと思っている人でも、食べ物に反応することがあります。
≪ 自己対処法 ≫
口内炎が出るたびに3日前ぐらいから何を食べたか記録します。
出るたびに記録をとると、何を食べると口内炎が出るか解ります。

例、ナッツ、チョコレート…人により違います。外食のラーメンとコンビニのおにぎりが原因で出る人がいます。なぜそうなると思いますか?

外食のおにぎりや、麺に乾燥を防ぐためにプロピレングリコール(P.G)が振ってあるためです。思い当たる食品を食べるのをやめるとでなくなります。

ビタミンB群をたくさんとりましょう。
風邪で出た場合は、胃が弱っています。胃にやさしい食事とビタミンB群を補うとよいでしょう。整体をすると回復が早まります。
≪ アモール整体施術法 ≫
全身調整・胃の調整を行います。
やけど
≪ 自己対処法 ≫
夜尿症と同じやり方です。仙骨に指を足の方に向けて手を置き、もう一方の手を十字に重ね、体重をかけて押します。コツッと音がすれば大丈夫です。ひどい場合には病院で手当てをしてもらって下さい。仙骨をコツっとやっておくと回復が早く、やけどあともほとんど残りません。

注)妊婦には使用しないで下さい。また、軽いやけどには効果はありません。
がく関節症・顔のゆがみ
≪ 原因 ≫
あごの骨のズレ、歯の使い方、虫歯の未処置、体のズレ、首が硬い、うつぶせ寝の習慣
≪ 自己対処法 ≫
  1. 虫歯の治療をする
  2. 食事を方噛みしない
骨のゆがみが原因なので矯正が必要です。
お気軽にご連絡下さい。
≪ アモール整体施術法 ≫
整顔をとりいれながら顔のゆがみをとります。
ついでに整顔をすると顔のシミ、タルミがとれ小顔にもなれるので一石二鳥です。
O脚
≪ 原因 ≫
ストレス、運動不足による筋力の低下、特に内太ももの筋力の低下による。姿勢が悪いなど。
≪ 自己対処法 ≫
書面だと非常に説明が困難なため、来院時にやり方をお教えします。

Copyright© 2009 アモール整体院 All Rights Reserved. Powered by GSI